Pocket

法人とは

法人は主に会社組織になっている団体を指し、一般法人から宗教法人・社団法人・NPO法人等
法律に則り、一定の要件をクリアして役所に登記(登録)した団体です。
製品の製作や売買等の申請をしっかり行い、法的に認められ認可されています。

法人価格とは

法人価格は例えばですが、【法人様大歓迎】という看板見かけられたことあると思いますが、これは一般消費者よりも法人のほうが法的に手続きをしており、所在や支払い条件などが明確でハッキリしているから行われている特約です。
また、従業員の数が多ければその分従業員の人数分の売り上げが見込めるという信用性の高さから、割引価格の法人価格というものが存在します。
これは携帯会社やスポーツジム・その他多くの企業が取り組んでおり、今やAmazonにまで存在します。
八百屋でリンゴを1つだけ買うより、10個買った時におまけしてもらえるのと原理は同じです。
薄利になっても次の機会が見込めるので法人価格は存在します。
一般消費者の方は法人に比べ、購入金額や購入頻度が少ない分法人よりも価格は高く提示されることが多いです。

法人契約とは

企業同士が物品の売買や、受注発注などの利害関係が発生する場合に後々のトラブル防止の為に契約書を交わして行う取引のことです。
法人の方はもちろんご存じでしょうが、一般消費者の方にとっては理解できないこともあるかと思います。
大きな会社になると一般社員の方も法人取引について理解されていないことも度々見受けます。
法人取引を理解すれば、物流と金銭のやり取りの仕組みがわかりますので後々有利となります。

予め書面で説明同意しておけば、そのとおりに事業が進められますので都度説明する必要が無くなります。
その事前確認を済ませてあることでお互い安心した取引を行うための契約です。

一般消費者の方は契約というとかまえてしまうしまうかたも多いとは思われますが、携帯や部屋を借りるときに契約書を書くはずです。
その契約と同じで法人同士でも何か事業を共同で始めたり、物品や金銭のやり取りを行う際により厳密な契約を行います。
そのかわり法人価格でのやり取りが可能となります。